ページ内移動用のリンクです


ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

JXホールディングス株式会社(以下、当社)は、適時適切な会社情報の開示が健全な資本市場形成の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、透明性の高い経営を推進すべく、株主・投資家の皆様に、迅速、適正かつ公平な情報開示に努めます。

2.開示基準

当社は、投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算に関する情報などの重要情報の開示について、会社法、金融商品取引法等関係諸法令および東京証券取引所のほか各証券取引所が定める上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示などに関する規則(以下、適時開示規則)に沿って、情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様のご要望にお応えするため、積極的に開示します。

3.会社情報の適時開示に関するグループ体制

当社は、JXグループの持株会社であり、グループ会社の経営管理を行います。当社は、当社単体に関する情報はもとより、グループ会社に関する会社情報を、迅速かつ正確に把握・管理・開示する体制を整えます。
なお、JXグループの適時開示体制に関する体制図は別紙のとおりです。

4.情報開示方法

適時開示規則に該当する情報については、東京証券取引所等の提供する適時開示情報システム(TDnet)を通じて公開するとともに、公開後、すみやかに当社ウェブサイトにも同一資料を掲載します。
また、適時開示規則に該当しない情報についても、基本方針・開示基準にのっとり、正確かつ公平に、これらの情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう配慮します。

5.沈黙期間(決算に関するお問い合わせに対する情報開示制限期間)

当社は、決算情報の漏洩防止のため、決算発表日前の3週間を沈黙期間とし、この期間は決算に関するコメントや質問への一切の回答を控えることとしております。ただし、この期間中に公表済みの決算業績予想を大きく外れることが見込まれる場合には、適宜、情報開示を行います。

6.コンプライアンス(法令遵守)

JXグループは、行動指針に「Ethics 高い倫理観」を掲げ、役員および社員に対し、法令などの遵守を徹底させています。また、当社は「インサイダー取引防止規程」を制定し、インサイダー取引規制を周知徹底させる体制を整備しています。

以 上

(別紙)適時開示体制に関する体制図

適時開示体制に関する体制図

  • ※1適時開示の要否は、担当役員、総務部長、法務部長、経理部長、情報取扱責任者(財務IR部長)および関係部室長の協議により、判定する。
  • ※2緊急を要する発生事実に関する情報は、代表取締役の判断により、取締役会への報告を経ずに開示することができる。

適時開示に係る宣誓書

当社は、2010年4月1日、東京証券取引所、大阪証券取引所および名古屋証券取引所に、適時開示に関わる宣誓書を提出しております。

「将来見通し」、「投資判断」、「本ウェブサイトの更新および記載情報」に関する注意事項については、本ウェブサイトの「免責事項」をご参照願います。